吉岡聖恵ちゃんの歌声は何色だろう

最近ポルノグラフィティのことしか書いてないじゃん!ということで、今回は違う話題を。


わたしの一番好きな男性ボーカリスト岡野昭仁さんだとしたら一番好きな女性ボーカリストいきものがかり吉岡聖恵ちゃん。

まだ音楽に疎く「好きなアーティスト」というのが特にいなかった小学生の私の耳にある日飛び込んできたのはとあるCMソングだった。
当時auのCMソングだった『茜色の約束
この曲をアカペラで歌う聖恵ちゃんの歌声が印象的かつ衝撃的だった。それからこの曲が頭から離れなくなり、CDを買ったり、ラジオ聴いたり、ライブに行き、どんどんいきものがかりにハマっていった。
現在は放牧中のいきものがかり。今はそれぞれで活動中。そろそろ3人揃った姿をテレビで見たいな~ライブ行きたいな~と思う今日この頃。






茜色の約束』が発売されたのが2007年10月24日。もうすぐ11年が経ちます。そして来月の10月24日に吉岡聖恵ちゃんのソロカバーアルバム『うたいろ』が発売される。


吉岡聖恵「うたいろ」試聴&ドキュメント映像

収録曲
1.少年
2.アイネクライネ
3.初恋
4.冷たい頬
5.500マイル
6.糸
7.ヘイヘイブギー
8.さらば恋人
9.哀しい妖精
10.World In Union
11.夢で逢えたら

試聴映像では『少年』『初恋』『糸』『冷たい頬』『ヘイヘイブギー』『さらば恋人』『哀しい妖精』『World In Union』『夢で逢えたら』が少し聴けます。

いきものがかりの時もそうだけど、聖恵ちゃんの歌声は色とりどりだ。この試聴動画でもいろんな聖恵ちゃんの歌声を聴くことができる。明るく楽しそうな歌声からしっとり落ち着いた歌声。優しい声、力強い声。聖恵ちゃんの歌声はクセがなくて何にでも染まることができる声だ。

親の影響で村下孝蔵さんの『初恋』が好き、かつ聖恵ちゃんの低めの歌声がすごく好きだから聖恵ちゃんの歌う『初恋』がとても楽しみ。


ラグビーW杯の公式ソング『World In Union』を歌うことが決まり、予想以上?にソロ活動が大きくなって驚いてる。W杯の開催期間がが2019年9月20日~2019年11月2日。翌日の2019年11月3日にいきものがかりは結成20周年を迎える。この日に何かあるのでは?と思ったりしている。