ナイルパーチの女子会を読んだ

あ~~~~また凄いものを読んでしまったな…という感じ。今回読んだのは柚木麻子さんの『ナイルパーチの女子会』

ナイルパーチの女子会 (文春文庫)

ナイルパーチの女子会 (文春文庫)

あらすじはこんな感じ(以下Amazonより抜粋)

丸の内の大手商社に勤めるやり手のキャリアウーマン・志村栄利子(30歳)。実家から早朝出勤をし、日々ハードな仕事に勤しむ彼女の密やかな楽しみは、同い年の人気主婦ブログ『おひょうのダメ奥さん日記』を読むこと。決して焦らない「おひょう」独特の価値観と切り口で記される文章に、栄利子は癒されるのだ。その「おひょう」こと丸尾翔子は、スーパーの店長の夫と二人で気ままに暮らしているが、実は家族を捨て出て行った母親と、実家で傲慢なほど「自分からは何もしない」でいる父親について深い屈託を抱えていた。
偶然にも近所に住んでいた栄利子と翔子はある日カフェで出会う。同性の友達がいないという共通のコンプレックスもあって、二人は急速に親しくなってゆく。ブロガーと愛読者……そこから理想の友人関係が始まるように互いに思えたが、翔子が数日間ブログの更新をしなかったことが原因で、二人の関係は思わぬ方向へ進んでゆく……。
女同士の関係の極北を描く、傑作長編小説。



もうね、読んでて胃がキリキリした。爽やかな表紙からほのぼのした友情物語かと思いきや恐怖!狂気!不穏!もうやめて!こっちのライフはゼロよ!って感じになる。何度も本を閉じた。うううう読むのしんどい…でも続きが気になるから読む…しんどいの繰り返し。栄利子のどんどんエスカレートしていく行動は怖かったし痛々しかった。


わたしも決して女友達が多いほうではないから栄利子や翔子の気持ちも分からなくはない…けどここまでではない!こんなのではない!でもわかる。だからこそ苦しい。抉られた。いつかは自分もこうなるのではないかと思ってしまった。


自分の理想や期待をあんまり過度に相手に押し付けてはいけないな。人間関係って難しい。