【ネタバレあり】UNFADED三重初日感想

ポルノグラフィティのUNFADEDツアー、三重初日に参戦してきました。

UNFADED参戦は去年の静岡公演2日目以来の2回目です。

akabanet.hatenablog.com


いやーーーーーー今回も凄かったですね…。

セトリも若干変わってたし。

何より今回はMCがね…やばかった。やばかった…。


セットリストはこんな感じ
01 オレ、天使
02 A NEW DAY
03 幸せについて本気出して考えてみた
04 東京ランドスケープ
05 ジョバイロ
06 ★ヴィンテージ
07 前夜
08 ビタースイート
09 ★DON'T CALL ME CRAZY
10 Zombies are standing out
11 見つめている ※ワンコーラス
12 夕陽と星空と僕
13 Didgedilli
14 カメレオン・レンズ
15 海月
16 フラワー
17 オー!リバル
18 ジレンマ
19 パレット
20 サウダージ
21 ハネウマライダー
22 ∠RECEIVER
アンコール
23 ★タネウマライダー
24 ライラ

★印の曲が恐らく公演によって違う曲だったかと。Swingやったりライオンやった公演もあって組み合わせは日によって違うのかな。静岡2日目はSwingとドンクレだったからライオンだけ聴けなかったのが悔しい。アンコールがタネウマライダーになったのは年明けからかな?ハドホリに代わるのがまさかのタネウマとは誰が予想したでしょう(笑)

オレ、天使の始まり方は2度目でも痺れました。曲中のセリフの「キレイ事じゃないんだよね世の中」「音楽なんてそんなもんか」の言い方とか、最後の「Today is…UNFADED!!」って拳握りしめながら言うところとか…なんでこんなにカッコいいんでしょうか…。近くの席の人も曲終わったあと「カッコいい…!」と言ってました。わかる…。

ツアー序盤の静岡ももちろん最高だったんですけどそのときより進化しすぎてて、ツアー終盤に参戦できて良かったなと思いました。

前回のときの席はステージからほぼ横のスタンド5列目。なのでわりと近くでステージでの姿を見ることができました。今回の席はスタンド2列目。ステージからは少し離れたところだったんですけど、そのぶんステージ全体を見ることができました。前回では分からなかった照明の演出やスクリーンの映像もよく見えて、ああこの曲のときはこういう照明でこの色でステージを照らしてたのか…。とか、前回はどちらかというと二人の姿ばかり目がいってたんですけど、今回はスクリーンの映像もじっくり見ることができて、1回参戦したはずなのに新しい発見もできて楽しかったです。
特に前夜の昭仁さんと晴一さんだけが映る演出!
これ好きだわ~~~!!!ってなった。
海月のときのクラゲの映像もめちゃめちゃ綺麗でしたね…。



曲の感想も一曲一曲書きたいけど興奮しすぎて上手くまとめられない…!
書くとすればヴィンテージのときはイントロ流れた瞬間「わっ…うわっ…うわっ」ってなりましたね…。

♪そんな些細なコトでうろたえないで欲しい~♪

うろたえるわ~~うろたえてしまったわ~~~!

CD音源越えてて(これはいつものこと)それに英語の発音も流暢になってて←
あれ?ヴィンテージってこんないい曲だったっけ…いや、もともといい曲だけど好きだけど…って、すっかりこの曲の虜になってしまいました。


アンコールのタネウマライダーもびっくりした。
クリスマスも過ぎたし、年も明けたしさすがに曲変わるよな?なにやるんだ?と思ってたけど…まさかこの曲とは。昭仁さんが「どえらいのやるよ」「どえらいのくらえ!」と言ってたけど…本当にどえらいのだわ…まさか2019年にこの曲を聴けるとはね。
晴一さんは当時ポルノは爽やか路線をいってたけど、こんなのロックじゃない!大人が眉をひそめるような曲を作ってやる!と思ってこの曲を作ったそうです。しかし今聴くと自分が眉をひそめていると…(笑)



最後のライラ
「歩き疲れたら帰っておいで」のときの昭仁さんの手招きで、ぶわ~~~~っと感情が溢れてきた。
はぁぁぁぁぁぁ…。泣く。

静岡公演のときはロシア語の部分が「これどうするんだ?でもタイミングが…」と迷ってたのですが、三重公演(というかどこかの公演から)ロシア語が字幕で出てきたので、迷わず叫ぶことができました!!
サポメンのソロ回しでは静岡のときはサポメンの皆さんポルノ以外の曲だったけど今回はポルノの曲で、なんちゃんがセンラバのイントロ演奏したらみんな「Fu!Fu!」ってやって楽しかった(笑)つい反応してしまうわ(笑)
そして晴一さんの順番。ここまでみんなポルノ曲。何の曲かなと思ったら弾き始めたのがB'zのウルトラソウル(笑)しかも「そして輝くウルトラソウル!」ではこれまた観客みんなで「ハイ!」と掛け声。
楽しかった~!笑
恒例?の昭仁さんのご当地のセリフ回しでは「赤福が好き」「赤福をつくる工程も好き」「むしろ継ぎたい、継がせてくれ」と話してたのが面白かったです(笑)赤福を作る動きが可愛かった。



そして今回はね!MCも凄かったです!!!
覚えているMCは

3曲目が終わった後
昭仁さんがいよいよツアーも三重公演が最後ですということを話してて、「最終日はおのずと盛り上がるの!大事なのは今日!」と言ったとき、(…あれこれ何か聞いたことあるな)と思ったら静岡2日目に参戦したときにも「ツアー初日は否が応でも盛り上がる!大事なのは2日目!」と言ってたのを思い出した。


Zombies~のあと、昭仁さんだけがステージに残ったとき。
サブスクリプションという言葉を「サブスk…」と噛み「わしには言えなくて当然の言葉」と開き直る(笑)再び挑戦し今度は「サブスクリプション」と噛まずに言うことができ観客から拍手が起こる。どうもどうもという風に手をあげながら満足気な昭仁さんは「サブスクリプション!(ドヤァ)」ともう一度。そしてまた沸き起こる拍手と歓声。4回目は「サブスク」と略してやっと話を進める昭仁さんでした。


見つめているを披露したあと
「わしはこんな粘着質じゃない」「爽やかな恋をする人です」爽やかな恋をする岡野昭仁


オー!リバルの前に
みんなのハートに火をつけるのは晴一のギター!と昭仁さんが紹介。晴一さんが「この曲は顔が大事だから」と気持ちを作ってると
昭「うん、大事!」「ではどうぞ!」「どうぞー!笑」とふる。晴一さんが弾いてる間も「フ~~!」と笑う昭仁さんに対し「あいつのマイクオフにして」と晴一さん(笑)

なんだよ!このやりとり!可愛いかよ!!



アンコールで東京ドーム公演の話になり、
晴「東京ドーム1日目行って宿とれなかったら岡野くんが泊めてくれるよ。玄関広いから」
昭 「玄関広いよ。門から玄関まで車で20分くらいかかる」「リビングはもっと広い」「みんなもてなすよ」
晴「みんなキャンプ道具もって集合ね」
というようなやり取りをしてました。

またそんなこと言って!!!もう!!




アンコールのタネウマライダーのあと
流れでサポメンをタネウマ1号の~タネウマ2号の~と紹介する昭仁さん。そして晴一さんには「人でなし」「種馬の総本山、新藤晴一」と紹介。

種馬の総本山…なんというパワーワード(笑)

それに対し晴一さんはこの日1番の爆弾?発言

「みんなまとめて抱いてやる」

この言葉に「\きゃーーーーーーー/」という歓声が会場に響く。わたしも思わず叫んでしまいましたわ…。新藤晴一よ、罪な男…。




最後の最後、マイクなしで晴一さんが
「伊勢海老が~」と話してたけどちょっと長かったのとよく聞こえなかったので客席から「もう1回~」って言われてはにかんで、何か言おうとしたけど諦めて「ありがとう!」と締めくくった晴一さん可愛かった。


いや、なんか…かっこいいと可愛いとやばかったしか言ってないな??わたし。


でもそれくらいポルノグラフィティはカッコよくて可愛いくてやばかったです。退化するということを知らない二人ですよ。最強ですね。

最高のライブをありがとうございました!!

【ネタバレあり】UNFADED静岡2日目感想

UNFADED全公演終了!ということで静岡終了後に書いたこの記事を今さらというか、やっとあげます。



記憶が曖昧なところもありますがライブの感想です。

席はステージ寄りのスタンド5列目で、わりと近かったです。

開演まではキューブ教官改めキューブ教頭の盛り上げ方指導。観客の中から一人ずつ選んで早口言葉やその場てスクワットなどのお題を出す。係員さんまで巻き込んで面白かった(笑)

キューブ教頭の盛り上げ指導が終わり、しばらくすると暗転。

女性のオペラが鳴り響く。
そして次第に激しい雨と雷?の音とギターの音が響く…そして照明も徐々に赤に変わり─
バーンっ!!という特効とともに幕が落ち、ステージに人影が現れ、赤地のスクリーンに黒文字で「UNFADED」の文字がスクリーンに映し出される。そして始まったのが…


オレ、天使
ゾンビでもなくアポロでもなくライラでもなく、まさかのこの曲から!!?誰が予想できた???
ビックリしすぎて思考が止まった。
最初のセリフ部分がなかったので「え、あ?ん?おおん??あ、オレ天使!!???」って気づくのに時間がかかった。とりあえずめちゃめちゃカッコよくって興奮した。最後のセリフのところも「Today is…UNFADED」って締めててめちゃめちゃカッコよかった。痺れた。めちゃめちゃカッコよかった…。カッコよかった…。カッコよかっ……


A NEW DAY
余韻に浸る間もなく次の曲へ。これまたびっくり。どひゃ~っとなった。通勤中に毎朝聴いてるから生で聴けてめちゃめちゃ嬉しかった…。最初はゆったり始まってからのサビの盛り上がり方が好き。「言うなーーーー!!!」を言うことができて満足。


幸せについて本気出して考えてみた
あーーーーーーーA NEW DAYからのこれはやばいですよ。最強。初っぱなからアドレナリン出まくり。イントロから自然と体が動く。拳を思いっきり突き上げながら「ああ、明日筋肉痛になるな…」と思いました。


MC
静岡2日目です!初日は否応なしに盛り上がるが大事なのは2日目!いまのところいい感じだよ!って昭仁さんが言ってました。(うろ覚え)



東京ランドスケープ
おおおおおお。そうきたか。「東京 大都会」のところを「静岡 エコパだね」で歌ってた(確かそうだった。あれ?違ったか?)


ジョバイロ
最初に悲しげなピアノのメロディが響く。そしてお馴染みのあのイントロ。これも聴きたかったので嬉しい。手拍子楽しい。間奏の晴一さんのギターがめちゃめちゃ好きなんだよ~。



MC
UNFADEDの説明。ツアータイトルを説明すれば右に出るものはいないという晴一さん(笑)
英語の先生みたいに客席に呼びかけながら説明してるのが面白かった。



Swing
んんんん???え?まじか???これやる??いや予想にいれてたけど!?しかも1日目は違ったみたいで。いやいやいやなんてこった…。びっくりしすぎてお口ポカーン状態でした。名曲だわ…。もうこれ生で聴くことないのでは????


前夜
はいここできたーー!昭仁さんの歌のパワー凄かった。ずとーんっと響いた。あとハーモニカね。カッコよかった。


ビタースイート
あああああああ。やっぱりやりましたね。やるだろうと思ってましたよ。んーカッコいい…。いやーカッコいい。


DON'T CALL ME CRAZY
んおおおおおお。これもやるか!!!
ビタスイからの!これは反則!!!
あーーーカッコいい!!!


ここで男性のオペラが流れる。次第に男性の声が変化して…ん?もしかしてこれはあれがついに???
そしてあのイントロが…

Zombies are standing out
ここでついにきたーー!!!
観客もきた!待ってました!って感じの雰囲気。いやいやいやビタスイ、ドンクレからのゾンビは心臓持ってかれたわ…。最強。カッコよすぎ。惚れた。いやもう惚れてたわ。はぁ……屍になりました。



~暗転~
ステージには昭仁さんだけになります。
穏やかな小鳥のさえずり。

ゾンビからの小鳥はギャップありすぎ(笑)前回のツアーのときはバッグが森だったのに今回は無い。経費削減ですか?(笑)というような話をしたあとで、サブスクリプションで昔の曲を聞いてたら「自分どうした??」「どうしてこの歌詞を書いたんだ?」と思ったん曲があった。それを歌っていいですかー?ということで…

見つめている
!!!!!!!!!?
弾き語りで!!?まさかの!?
ワンコーラスだけだったけどまさか聴けるとは…。
「見つめている」は昭仁さんが初めて世に出した曲。一発かましてやる!と思って作ったそう。
当時「ストーカー」という言葉が世間で話題になっていたのでそれを題材に曲を作ろうとしてこの曲を書いたそうです。

そしてもう一曲。この曲は自分の殻をファンのみんなが破ってくれた曲。これからも曲を作っていこう自信がついた曲と話してた。披露されたのが…

夕陽と星空と僕
泣いた…。昭仁さんの歌声優しくてめちゃめちゃ綺麗だった。素敵すぎた。感動。めちゃめちゃ良かった。うわ~ん。

~暗転~

Dillididge
お?お?お?わーーー!!!!!うおー!
あのギターマガジンにハネウマと並んでギター譜載せてたからまさかアンフェでやるの?まさかなーー?と思ってたけど!おい!そのまさかかよ!伏線だったのかよ!!!ビックリしたわ。カッコよすぎ。ハルイチシンドー無双タイムだった。


カメレオン・レンズ
静寂からのトゥントゥントゥントゥントゥントゥン
…ゾクッとするようなイントロ。ふぁーーー。これもやっちゃうのか…。正直これはやらないかと勝手に思ってた。鳥肌たったわ。天井から客席に降りる柱のような照明の演出もよかった。


海月
カメレオンからのこの海月の流れ好き。
幻想的。


フラワー
新曲きたーー!実はこの日が初聴き。披露するだろうと思ってたからベストアーティストも録画したけど観てないし配信も我慢した。めちゃめちゃいいじゃん…そして難しくない??岡野昭仁にしか歌えなくない???圧倒的歌唱力を見せつけられた。
スクリーンに歌詞も表示されてました。でもこの歌詞のフォントどうにかならんかったのかと思ったのはここだけの話。


MC
最新曲がフラワーがこれからも長く愛される曲になりますように。と話す昭仁さん。

ここからもっといくぞー!と煽る昭仁さん。

オー!リバル
おーー!ここできたーー!
クラップとかオーレオーレーオのところの一体感。
ステージの炎が熱そうだった(どんな感想だよ)


ジレンマ
聞き覚えのあるイントロ。んん!!?
昭「皆さんまだまだアホになれますか!?」
ええええ???ここでくる??ここでやるの?一瞬あれ?これ最後の曲??と錯覚してしまった。
めちゃめちゃ楽しかった。いつもならアンコール最後の曲なので「もうこれで終わっちゃうのかー…」とセンチメンタルになりながらアホになってるんですけど(笑)今回はただただ純粋に楽しくて全力でアホになった(笑)
銀テはこのときだったかな?スタンドにも飛んできたけどわたしの席には若干届かなかった(泣)


パレット
昭仁さん「皆さんそれぞれのキャンパスに色を重ねてくださいー!!」
え?????
まじ?????
またまたお口ポカーン。
最後のコーラスのところ難しい。


サウダージ
あーーー。
名曲。何回聴いても名曲。まさに色褪せない曲。


ハネウマライダー
イントロが流れた瞬間みんなタオル持ちはじめる。これがくるともうクライマックスかーって思います。


∠RECEIVER
色褪せない曲をこれからも…色褪せてはいけない記憶とともに、ということで。
はぁぁぁぁぁぁそうきたかーーーーーー。
いやあ…いい曲だ。いやなんというかここでこれをやるのか。2018年の出来事を思うとズシッときた。


ポルノコールからのアンコール


昭仁さんが、「12月ということで…」って言っただけで会場が


\キャーーッ!!/

昭仁さん「まだ12月って言っただけじゃないか。なんで分かるんだ!12月そろそろ街も華やいでくる季節!一足早いクリスマスプレゼントになればと思います!!」

ということで
Hard Days,Holy Night
ハドホリ~!!!
やった~!
聴きたかったよ~!!!!
レスポンスのところの
\すぐに帰ってきて!/のあとに
昭仁さん「帰るかな〜?」
と首をかしげて?言ってて可愛かった。
帰ってきてよぉぉぉ!!!!


サポメンの紹介をして
いよいよ最後の曲

もうジレンマやっちゃったし、何歌うんだろ?
そういえばアレやってなくない…??


ライラ
そう!ここで!ついにきたか!どこでやるんだろ?と終始ソワソワしてました。
「歩き疲れたら帰っておいで」またポルノグラフィティのライブにおいでって意味みたいでこれがアンコールラストの曲って意外にありかもと思いました。

曲が始まる前に晴一さんが言ってましたが、この曲テーマが「笑顔」らしいです。だからみんな笑顔で演奏してねと。

ジレンマ恒例のサポメンのソロ回しがこの曲であって、しかもそれぞれポルノ以外の曲のメロを弾いてたり(笑) 自分で「笑顔で演奏してください」って言ってた晴一さんが全然笑顔じゃなくて昭仁さんが突っ込んでた。そのときに後ろで腕組んでクネクネしてニヤニヤしてた晴一さんがまじで可愛かった。本当に44歳か?
「夢があるとすれば~」のセリフ部分の昭仁さんもめちゃめちゃ可愛くて面白かったです。音源よりもためて言ってたりそのご当地ならではのこと言ってたり。静岡では「さわやかのハンバーグをたらふく食べて~オニオンソースじゃなくて塩と胡椒で~って…これ夢か?笑(うろ覚え)」というようなことを言ってました。
間奏でのステップ?の動きがとても可愛くて可愛くてにやけました。お二人とも本当に44歳??こんなカッコよくて可愛い44歳ほかにいる??

でもこのライラ、まだまだノリ方?盛り上がり方?がつかめない。ロシア語のところもこれは言っていいのか?と迷ったので、ツアーを重ねるごとに改善していくのではないかと!!!期待です!!!

曲が終わり、最後はみんなで挨拶して終了。

めちゃめちゃ楽しくてヤバいライブでした。終演後すぐに参戦追加しました。

やっぱりポルノグラフィティは本当に最高だな!!!

最近読んだ面白かった本

今年に入ってから例年稀にみるスピードで本を読んでる。今年は去年よりもたくさん本を読みたい。目指せ100冊。

…ということで、ちょくちょく読んだ本の感想とか書きたいと思います。



米澤穂信『本と鍵の季節』

本と鍵の季節 (単行本)

本と鍵の季節 (単行本)

図書室に持ち込まれる様々な謎に、高校二年の図書委員・堀川次郎と松倉詩門が挑む短編集。
友達なんだろうけど、親友というほど近すぎない二人の関係性や、どちらかが名探偵というわけではなくお互い補完しあって謎を解いていくところが良かった。図書委員ならではの知識が使われる謎も面白い。ほろ苦…というより、かなりビター。ブラックコーヒーを飲んだ後のような余韻が残る。



青崎有吾『早朝始発の殺風景』

早朝始発の殺風景 (単行本)

早朝始発の殺風景 (単行本)

こちらも青春ミステリー短編集。場面転換なしのワンシチュエーションで繰り広げられる密室劇。早朝始発電車、ファミレス、観覧車などを舞台に、小さな違和感から起こる謎を見事なロジックで紐解いていく。 その過程がなんとも鮮やか。
帯に書かれている「青春は気まずさでできた密室だ―」というフレーズが秀逸。



青春ミステリーっていいですね。

あけました2019

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。年始はゆっくり…というかダラダラ過ごしてあっという間に仕事始めになってしまい、ブログ更新しようと思うもなかなかできず今日にいたります。

ダラダラ過ごしていたといっても読書はしてました。なんと1週間で3冊読むという、近年では驚異のスピード。 2018年もまぁまぁ読んでましたが2019年はもっとたくさん読みたいですね。

あと2019年はライブもたくさん行きたい!2018年は3回行きました。2019年はすでに3月にポルノグラフィティのUNFADED三重公演、4月にいきものがかりのFCツアー名古屋公演の参戦が決まってます。多分今後も参戦予定が増えていくでしょう。





…と、こんな感じで今年は趣味をさらに充実させたいと思っています。

2018年をポルノグラフィティとともに振り返ってみる②

前回の続き。
下半期は本当にいろいろあったな…。

7月
7月25日
『ブレス』リリース
爽やかな曲調ながら皮肉が効いた歌詞のブレス
エレクトロニクスで幻想的な世界観の海月
そしてライララライララライララライララライライラ…なライラ
初回盤にはロッキンのライブ映像
とにかくお腹いっぱいな1枚

akabanet.hatenablog.com


MVではカメレオン・レンズとはまた違った一面を見せてくれました。

ポルノグラフィティ 『ブレス』(Short Ver.)
カメレオン・レンズとのギャップが激しすぎ~!!


8月
しまなみロマンスポルノ'18のライブビューイングが決定!
現地に行けなくても観れる~!!!やったーーー!


そして9月
ここからがとにかく凄かった…。

9月7日
サブスクリプションサービスで全楽曲の配信が開始
いたるところでポルノグラフィティのおすすめ曲プレゼンを目にした。わたしも記事にした。
akabanet.hatenablog.com

9月8日
メジャーデビュー19周年!おめでとう!!
そして"しまなみロマンスポルノ'18~Deep Breath~" 1日目が、しかし…天気はあいにくの雨…

9月9日
"しまなみロマンスポルノ'18~Deep Breath~" 2日目
でしたが大雨による警報が発令されたため公演中止に。

しかたない…ポルノさんは悪くない…だから謝らんで…とモヤモヤした気持ちを抱えていた数日後、しまなみロマンスポルノ初日のサービスモニターの映像を“しまなみロマンスポルノ’18 〜THE ライブ・ビューイング〜”として観れるように協議中と公式から発表が。さらにSONGSへの出演が決定、そして16thライヴサーキットの開催が決定と、一気に情報が発表されて感情がジェットコースター並みに激しかった。

しまなみ中止か…え?初日のをライブビューイング??え!SONGS?半年間密着だと!!ええ!!ライヴサーキット!?アリーナツアー!カウントダウンだと~~!!???ちょっと何言ってるか分かんない…な状態に。

akabanet.hatenablog.com

今年3月からしまなみロマポル開催までの半年間の密着をしたSONGSは全私が泣いた。

akabanet.hatenablog.com


9月はここで終わりかと思ったらさらに
配信限定シングル『Zombies are standing out』発売
突然の新曲発表。しかもバチクソにカッコいい。なんだこれ…と衝撃を受けた。
akabanet.hatenablog.com

akabanet.hatenablog.com


ポルノグラフィティ 『Zombies are standing out』(Short Ver.)

いまだにテレビで披露されていない(バズリズムライブの放送を除いて)この曲。いつか披露されることを願っている。ポルノグラフィティは今もこんなにカッコいいんだぞ!!ってことをもっと知ってもらいたい。


10月
10月20日、全国100館の映画館で“しまなみロマンスポルノ’18 〜THE LIVE VIEWING〜”を開催!
とにかく良かった。生中継を交えてのしまなみロマポルは最高だった。サービスモニターの映像ってどうなんだろう?と思ってたけど、「え?サービスモニターなの??このまま映像化しても全然問題ないんじゃ?」と思うくらい良かった。生中継のライブ、特にしまなみの夕焼けとともに披露した『Aokage』『邪険にしないで』そして因島高校生との合唱『愛が呼ぶほうへ』はとにかく感動的だった。円盤化してほしい~!!
akabanet.hatenablog.com
akabanet.hatenablog.com


11月
11月4日「バズリズム LIVE 2018」に出演!
なんとZombies are standing outを披露。まじかよ…ここでやっちゃうのかよと思った。
自分たちのことをどえらいジジイとか言ってたけど全然そんなことないじゃん…。

そして
12月公開の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の主題歌を担当することが決定。
え?また新曲??あのゴリゴリにバチクソにカッコいいZombies are standing outをテレビで披露する間もなく新曲??今年4曲目?ペース早すぎ…働きすぎじゃない?大丈夫??と戸惑った。

akabanet.hatenablog.com


11月28日
ベストアーティスト2018に出演。
フラワーをテレビ初披露。


12月
12月1日
UNFADEDツアーグッズ公開!
ええ…全部欲しい。破産が決まった日。

12月15日
16thライヴサーキット"UNFADED"スタート!!
12月16日
UNFADED@静岡2日目参戦。
akabanet.hatenablog.com
とにかくヤバかった。もうすごいのなんの。
今まではアルバムを発売してからのツアーだったからある程度セットリストは予想できたわけで。でも今回は今までリリースされた全楽曲が対象なんですよ。全然予想できない。全国模試かよ。とにかくヤバかったので終わって即追加の参戦を決めました。


12月21日
Mステスーパーライブに出演
『Zombies are standing out』の初披露を期待してたが披露されたのは『アゲハ蝶』
アゲハ蝶か~いや!いいけど…!!でも…!とやきもきしたけどポルノグラフィティを観た瞬間「出演してくれるだけでありがとう…」ってなったし歌ってる途中「若い子は知らんか~」と昭仁さん言い出すし…愛しさしかなかった。全力で知ってる!!!って言いたいしクラップするしララララ~しちゃう!!そして岡野昭仁歌上手すぎ問題。アゲハ蝶は"色褪せない"名曲。


そしてきたる12月31日
大阪でカウントダウン公演!!
わたしは参戦できないけど参戦される方は楽しんできてくださいね!!!




はい!!終わり!!
他にもいろいろあったかもしれないけどこのくらいで。結局ポルノグラフィティのことしか書いてないな…。今年は3回もライブに行けていい1年でした!

2018年をポルノグラフィティとともに振り返ってみる①

2018年も残りわずか。今年はポルノグラフィティに例年以上に入れ込んだ1年だった(言い方)
2018年のポルノグラフィティはBUTTERFLY EFFECT、しまなみロマンスポルノ、UNFADEDと3つのライブを行い、さらにカメレオン・レンズ、ブレス、Zombies are standing out、フラワーの4曲のシングルを発売と勢力的に活動。そんなポルノグラフィティの1年を私の1年を共にザッと振り返ってみよう!




1月

46枚目のシングル『カメレオン・レンズ』が1月からのテレビ朝日金曜ナイトドラマホリデイラブ』の主題歌に決定!!
ドラマ主題歌!!!不倫ドラマということで瞳の奥をのぞかせて、Part time love affairとか系の曲かな??こういう系めっちゃツボだからこれは期待大だ~と思った。

そして急遽参戦予定がなかったバタエフェの名古屋公演に参戦決定!!やったね!!





2月

BUTTERFLY EFFECT@名古屋1日目参戦
後ろの席だったけどめっちゃ楽しかった。最初の夜間飛行は鳥肌たった。今でもイントロを聴くとぶわーっとあの時の興奮や空気感が蘇る。2018年のライブでまさか月飼いが聴けるとは思わなかったし、Rainbow、ギフトは就活中によく聴いていたのでそれを連続で演奏されて泣けた。そして最後のキング&クイーンの一体感、光景も忘れない。キング&クイーンはこのツアーで一番印象が変わった曲かも。本編最後の曲でもあったから「ああ…もうライブも終わってしまうのか」と感情が高ぶっていたこともあってやけに響いた。




3月

・母校の因島高校の卒業式にサプライズ出演。

そしてこの場で

・ロマンスポルノ開催決定を発表!!
9月8日、9日に広島県尾道市でしまなみロマンスポルノ’18の開催が決定。
うわー!めっちゃ行きたい…と思った。



・『カメレオン・レンズ』のMV公開

ポルノグラフィティ 『カメレオン・レンズ』(Short Ver.)

ポルノグラフィティ史上最高にポルノグラフィティなMVだった(他の言い方ないのか)
妖艶…そう妖艶。大人の色香をこれでもかというくらい放っていた。
その『カメレオン・レンズ』が3月21日にリリース。カップリングには『前夜』と『カケボウシ(live)』が収録。『前夜』これがまた数日前に大学を卒業し、春から社会人になる私には歌詞が響いた。

今の僕には何にもないけど何にもないから無限と言える

この歌詞を聴いたとき心が軽くなった。

バタエフェ後半ツアー参戦組だったから前半で披露されたカゲボウシを聴けることができて嬉しかった。



4月
半年間におよぶツアー"BUTTERFLY EFFECT"完走!昭仁さん、晴一さん、サポメン、スタッフの皆さんお疲れさまでした!!



5月
慣れない新生活。ポルノグラフィティの曲を聴いて乗り越えてた。



6月

・「Amuse Fes in MAKUHARI 2018 -雨男晴女-」開催
行きたかった。天気職人とか電光石火とか空想科学少年とか?!聴きたかった~~!!


・『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の主題歌に決定。
新曲『ブレス』がポケモンの映画主題歌に。不倫ドラマ主題歌から国民的アニメの映画主題歌とか振り幅大きすぎだろ…と思った。
以前いきものがかりポケモン主題歌を担当したときに聖恵ちゃんがイーブイ役で声優で出演していたので、もしかして昭仁さんや晴一さんがピカチュウ役で「ピッピカチュウ」「ピカピ~」とか言って出てくる???とか思ったけど妄想は妄想で終わりました。





上半期は以上。そして下半期からが激動でしたね。長くなりそうなので次回へ続きます。

個人的ベストコスメ2018

今年はコスメの収集癖が凄かった。リップ何本買うの?アイシャドウこの前も買ったじゃん?チーク全然減ってないのにまた買うの?って言いたいくらい。いや実際買うときは自分に言い聞かせてる。でも買っちゃうんですよね~ダメですね~~こういうの。でもコスメってときめくしワクワクするんですよね。同じような色のリップでも質感とか発色が微妙に違ったり、もちろん自分に合う合わないのもあったりして。みんな違ってみんないい。ということで今まで全然このブログでコスメのコの字もメイクのメの字も出てこなかったのにいきなりベストコスメやっちゃいます。



【スキンケア部門】

この二つはestのカウンターで一緒に買った。
土台美容液のほうは使うと肌がもちもちつるつるになるし化粧ノリも良くなる。化粧水は乾燥が気にならなくなった。潤うのにベタベタしない。これを使いはじめてから肌の調子が良い。不規則、寝不足の日々の肌を支えてくれたアイテム。



【ベースメイク部門】

これを目元に叩き込むと疲れ顔が吹き飛ぶ。一気に顔色が明るくなる。年中無休で顔色悪いマンのお助け必須アイテム。バイバイ!お疲れ顔。


カバー力が最強。コスパも最強。以上。


社会人になったら買おうと決めていた粉。初任給で買いました。さすがに買うときは震えた。いやだってパウダーに1万って…いいのか私?と思ったけど後悔はしてない。ほぼ毎日使ってるのに減らないからコスパは良いのでは?これがあるのと無いのとでは崩れにくさが違う。さすがです。君がいれば何も恐くない。


【ハイライト部門】

下半期怒濤の大活躍をみせた新星ハイライト。これをビャッととってシャッと鼻筋に入れるとあら不思議、綺麗な鼻筋が出現。ただしつけすぎるとギラギラピカーンとなるから注意。あくまでも少量をビャッと。一生無くならないんじゃないかと思ってる。


【アイシャドウ部門】

・単色シャドウ編

朝は正直メイクめんどくさい~と思うときもあるんですよ。特に「アイシャドウ面倒…」って日は週に3回くらいはある。それでもなにかつけなきゃ…ってときにこの子の出番。指でサッととってザッと塗るだけでそれっぽく見える。忙しい朝の見方。色はグレイッシュモーヴ。

・多色シャドウ編

プチプラの絶対王者キャンメイク
くすみがかったピンクが可愛い。このパレット一つでアイシャドウ、アイライン、アイブロウ、さらにノーズシャドウもできる。なんて優秀なの…!!


【アイブロウ部門】

エテュセ チップオン アイブロー ナチュラルブラウン 2g

エテュセ チップオン アイブロー ナチュラルブラウン 2g

圧倒的に楽。今まで眉メイクって地味に時間かけてたんだけどこれを使いはじめてから超楽になった。これ一本でササッと終わる。30秒で終わる。朝はとにかく時短!!


【チーク部門】

またまた登場のキャンメイク。くるっと回せばいい感じの血色のある頬に。発色良すぎるくらいなのでつけすぎ注意。コスパ最強。発売当初は限定だったのにいつの間にかしれっと定番に入っていたよ。



【リップ部門】

f:id:akabanet:20181224120438j:plain
憧れのクレドについに手を出しました。
まずチャイナドールっていう名前が可愛い。色はローズブラウン。これをつけるだけで唇だけお洒落な女になる。なにより「今日は私、クレドつけてる!」と少し気分が上がる。


インテグレート ボリュームバームリップ N RS788 2.5g

インテグレート ボリュームバームリップ N RS788 2.5g

肌馴染みが良くて自然な血色感。主張しすぎないので仕事用としても使える。ペンシル型だから輪郭も塗りやすい。なによりお手頃価格。






化粧下地、ファンデーション、マスカラ、アイライナーなどはこれだ!というのに出会えなかった…。来年に期待。